nagomisabo一覧

ルイボスティーってなに?第1回 ルイボスティーのふるさと

ルイボスティーは 英名 rooibos 学名 Aspalathus linearis というマメ目マメ科の植物から作ります。 rooibos は アフリカーンス語で「赤い灌木」という意味。 植物としては赤味がかった茎と緑の葉の植物で赤くはないのですが、発行すると綺麗な赤になることから、入植者たちがこの名前をつけました。

ルイボスティーブログ始まります。

この20年、ずっとルイボスティーを追いかけてきました。 学術書もコンベンションも行きましたし、多くのバイヤーにも会いました。 好きが高じて、南アフリカ共和国のセダーバーグ山脈にある畑にも行きました。 そんな僕が知っている「ルイボスティー」にまつわる話を中心に、 ルイボスティーとハーブの案内をしていきます。