ルイボスティーってなに?第10回 ルイボスティーへの入り口ケープタウン 1

ルイボスティーの産地は南アフリカ共和国西ケープ州です。
その州都ケープタウンは、市内には40万人の人口がいて、整備されたハイウェイ、近代的なビル群、都会的な数多くの高級ホテル、整然としたショッピングモールなどがあり、非常に産業や観光が発達した地域です。

テーブルマウンテンを望む港にはイオンとヒルズのレストラン街を足してわったようなV&Aウォーター・フロントがあり、地元の人たちや観光客で常ににぎわっています。

南半球で緯度が南緯33度55分と、オーストラリアのシドニーとほぼ緯度が同じで、ゆるやかな四季があります。6~8月は冬で、夜には薄手のダウンジャケットを着ていないと寒く感じますし、街中でも多く売られています。

V&Aウォーター・フロントから見たテーブルマウンテン

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする